HOME > サービス案内 > ポートフォリオマネジメント

ポートフォリオマネジメント

ポートフォリオマネジメントとは、企業活動を支える複数の事業や投資の組み合わせを最適化することによって企業価値/株主価値の向上を図ることを指します。
ABDは、企業価値/株主価値を向上させるためには、事業ポートフォリオの部分最適化を推進することによって企業価値の増大を図ることと、制度・ルール設計とのバランスをとることによって企業全体の最適化を行うことが重要であると考えています。

ポートフォリオマネジメントの流れ

ポートフォリオマネジメントの作業のステップは、【1.現状認識】【2.課題整理】【3.経営資源の再配分】の3つに分けて考えることができます。
このステップを定期的に繰返し実行することにより、ポートフォリオマネジメントを効果的に実現させます。

ポートフォリオマネジメント実行上の施策例

自社の企業価値/株主価値を向上させる、ポートフォリオマネジメント実行上の主なアプローチとして、「事業ポートフォリオの最適化」「事業運営の効率化」「不要投融資の処分」「資本構成の最適化」が考えられます。
以下に各々のアプローチから導き出される施策の例を示しています。
施策を実行する際には、キャッシュフローと貸借対照表の構成に与える影響を考慮する必要があります。

↑ページトップへ