HOME > 会社案内 > パートナー略歴

パートナー略歴

栗原 浩夫(代表取締役、パートナー)

1988年(株)三井銀行(現 (株)三井住友銀行)入社、コーポレートファイナンスならびにM&A業務に従事し、数多くの事業ポートフォリオ再構築プロジェクト、事業再生案件に従事。2001年朝日アーサーアンダーセン(株)(現 プライスウォーターハウスクーパース(株))入社後、プロジェクトマネジャーとして大手総合商社の財務再建や経営管理制度構築を支援、並びに企業ポートフォリオマネジメントや多くのM&A取引をはじめ企業価値評価ならびに事業再生業務に従事。
2005年アドバンスト・ビジネス・ダイレクションズ株式会社(ABD)創業と同時に代表取締役就任。
2005年ABD設立後、育児機器製造販売会社の事業再生プラン策定支援、金融機関交渉支援、M&Aフィナンシャルアドバイザリー業務に従事。

早稲田大学卒 事業再生実務家協会正会員

加藤 祐司(パートナー、公認会計士 )

1995年監査法人伊東会計事務所(現あらた監査法人)入所、最大手の自動車メーカーを中心とした会計監査、Due Diligence 、会計・税務・コンサルティングに従事。2001年朝日アーサーアンダーセン(株)(現 プライスウォーターハウスクーパース(株))入社後、総合商社の財務再構築プロジェクトの主要メンバーとして、数多くのM&A取引に従事。
2005年ABD設立後、企業内の投資実行時の包括的コンサルティング、グループ会社の事業再生支援や、大手製薬会社のPurchase Price Allocation及び無形資産評価、有価証券・固定資産の減損テストにおける評価、消費財製造業・食品製造小売会社等の事業再生支援のための事業収益性分析・経営課題の抽出整理・改善計画の立案実行支援、企業向け研修講師等に従事。

東京大学卒 公認会計士/税理士 事業再生実務家協会正会員

上原 仁(社外取締役、公認会計士)

1989年太田昭和監査法人(現 新日本有限責任監査法人)に入所、大手電機メーカー、精密機器メーカー、小売業を中心とした会計監査、IPO支援業務に従事。
2016年株式会社ビジネスブレイン太田昭和(BBS)入社後、化学メーカーのIFRS導入プロジェクトなどの会計関連コンサルティング業務、官公庁の情報セキュリティ監査などのセキュリティ/内部統制構築コンサルティング業務に従事。
2016年ABDとBBSの資本提携に伴い、ABD社外取締役に就任。

法政大学卒 公認会計士、情報システム監査人(CISA)、システム監査技術者

↑ページトップへ